消費者の気持ちを考えた、東芝の太陽光発電システム。

様々な家電製品、そして電子部品や電気機器の製造メーカーとして有名な東芝。東芝製の太陽光発電システムの特徴は、なんといってもトップクラスの発電効率を誇る太陽電池モジュールを製造していることです。

東芝が製造している太陽電池モジュールは『単結晶シリコン太陽電池』を採用しており、単結晶シリコン太陽電池の特徴として高い発電効率が挙げられます。なので屋根が狭く、太陽電池モジュールの枚数があまり置けない住宅などはこの単結晶シリコン太陽電池を使用した太陽光発電システムが向いているでしょう。

ちなみに太陽電池では今までご紹介した多結晶シリコン太陽電池、HIT太陽電池、単結晶シリコン太陽電池が主流ですが、単結晶シリコン太陽電池がこの三つの中では丁度出力あたりの単価、発電効率では中間に位置しています。つまり、価格でも発電効率でも買いやすく選びやすい太陽電池だという事ですね。

そしてもうひとつ東芝製の太陽電池モジュールの特徴として、スタイリッシュなデザインがあります。通常モジュール内にある太陽電池と太陽電池との間には隙間ができやすく、それが見た目としてちょっと違和感を感じさせてしまう場合もあるのですが、東芝製の太陽電池モジュールですと自社独自の製造方法によりこの継ぎ目を小さく目立たなくさせ、よりシンプルで美しいデザインをかなえているのです。

デザイン性と価格、発電効率の釣り合いを上手くとった東芝製の太陽電池モジュール、価格は安いほうがいいけれど大手のメーカーがいい、デザインもそれなりに重視したいし発電効率もできればいいほうがいい、という消費者の心理をうまくついた製品であるといえるでしょう。