パナソニックの太陽光発電、注目の「HIT太陽電池」について

家電製品の大手として知られている、パナソニック。パナソニックの太陽光発電システムの特徴とは一体どういうものなのでしょうか。

パナソニックの太陽光発電、まず一つ目の特徴は太陽電池モジュールに関してです。パナソニックで製造されている太陽電池モジュールは、単結晶シリコンの太陽電池とアモルファスシリコンの太陽電池の二種類を組み合わせて製造された太陽電池で、特徴としては高い発電効率を誇ります。

なのでパナソニックの太陽電池(HIT太陽電池と呼ばれています)は屋根が狭く太陽電池モジュールの枚数があまり置けない場合などに向いているといえます。屋根が狭くても、発電効率のいいHIT太陽電池ですと枚数の少なさをカバーできますから、極小住宅など屋根の面積が狭い住宅の場合はパナソニックの太陽光発電システムがおススメだということですね。

ただ、デメリットとしてパナソニックのHIT太陽電池は他社のものと比べ、価格がお高めだということがあります。発電効率が高く、また気温の高い地域でも設置できる(熱に強く、太陽電池モジュールが温度上昇することによって起こる出力低下が少ない)等、メリットが多いパナソニックの太陽電池モジュールですが、高性能な分価格設定は高めなようでその点がデメリットだといえるでしょう。

ちなみにパナソニックの太陽光発電システムの保証期間は、機器の保証が10年間、そして災害によって起こるトラブルの保証が10年間となっています。災害補償については、どういった災害が対応でどこまで保証してくれるのか、という内容が大事になりますのでぜひメーカーのHPを一度確認してみてください。