太陽光発電システムをメーカーで比較!

将来性のあるエネルギー利用を考えた時に、今最も注目を集めている太陽光発電。 最近では新築や建て替えを機に太陽光発電の導入を考える人も増えています。

しかし、太陽光電池は色々なメーカーが出していますし、
多くの人にとって一生に一度、決して安くない買い物ですので、
きちんとその特徴を知り、検討することが大切です。

当サイトでは主要メーカーの特徴、そのメーカーを選ぶメリット・デメリットについてまとめてみました。

太陽光発電は、自宅で発電して、電力会社から購入する電力量を減らすことができます。
また、作られた電気は電力会社へ売電することもでき、それが収入になります。
太陽光発電は初期費用が高いイメージですが、長くその家に住み続けることを考えると、環境にも家計にも節約になります。

また、国や自治体から補助金の助成もあります。
年々社会的に注目されている太陽光発電ですので、設置を推進する動きは今後高まることが予想されています。

太陽光発電の発電率コストなどは専門業者にみてもらう

ネットでも各メーカーの特徴や、設置機器ごとの価格帯や発電量を調べることが出来ますが、 設置する屋根の広さ、方角、周りの陰のでき方などによっても変わってきます。 年間どれだけの発電量が見込めるのか、詳細は専門業者に見てもらう必要があるでしょう。

これだけ注目されている太陽光発電ですので、業者も様々です。 費用の明細を明確にしない、設置現場を見ずに最終見積もりを出すといった業者は論外ですが、 日照条件、屋根の広さなど、個々の住宅で条件が異なるので、他の家と比べるというのが難しい面もあります。

必ず複数業者に見積を依頼し、実費用だけではなく、発電量やコスト、アフターケアなどが、 きちんと納得いくものかどうかも、比較検討されたほうがよいと思います。

太陽光発電システムの種類

当サイトでは太陽光発電の主要なメーカー、パナソニック・京セラ・東芝・三菱を取り上げています。

太陽光発電のメーカーといえば、このほかにもシャープ、ソーラーフロンティア、カナディアンソーラー、 長州産業、ホンダソルテック、カネカ、フジプレアム、リクシル、ヨカソルなどがあります。

太陽電池には単結晶シリコンと多結晶シリコンのものがあります。 単結晶は多結晶のものより発電効率が高いと言われています。 また、設置に必要な面積も小さく済むようです。

最近は単結晶シリコンを推す業者も増えているようですが、 価格が割高なのがネックのようです。 多結晶シリコンでも、発電効率はそこそこ良いと言われています。 比較的価格が抑えられ、今現在最も普及しているのはこのタイプです。

このように、ひとくちに太陽光発電といっても、タイプがことなり、 また各メーカー独自の開発、発電効率を上げたり、発電ロスをなくす、家の外観にかかわるので、 デザイン性にこだわるなど、様々な工夫がなされているようです。

当サイトおすすめのその他のサイト

太陽光発電の設置は決して安い買い物ではありません。
適切な業者やメーカーなどを慎重に吟味して選びたいものですね。
そのためにも、前もった各社の情報収集をしっかり行いましょう。
また、業者選びはすぐに決めてしまわずに、いくつかを見積もりして、選ぶことがオススメです。 太陽光発電のメーカー各社の特長は、
太陽光発電メーカー21社の評判・口コミ、まとめてみた」を参考にしてみてくださいね。